公共の場で授乳!?子連れ旅にニュージーランドをおすすめする3つの理由

子連れで海外旅行ってどうなの?

「独身時代はしょっちゅう海外旅行に行っていたのに、子供が生まれてからはめっきり海外なんて行けなくなってしまった。」
そんなお悩みはありませんか?金銭的にきついという場合はさておき、治安や設備の面で海外旅行を躊躇しているのであれば、ニュージーランドを選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。ニュージーランドが子連れ旅に最適な理由をまとめました。

理由1.滞在型アパートが豊富

小さい子供を連れた旅では、移動するだけでも大変な労力。現地に着いたらあちこち周遊するよりも1箇所に滞在してのんびり過ごしたいですよね。ニュージーランドならキッチン付きのアパートも多いため、暮らすように生活することが可能です。

理由2.時差が少ない

ニュージーランドと日本の時差は3時間(サマータイム中は4時間)。子供の生活リズムが崩れることや、眠くて不機嫌になるなどのデメリットは、ニュージーランドならあまり心配することはないでしょう。

理由3.公共の場でも授乳ができる

ニュージーランドは家族を大事にする国民性のためか、国全体を通して子育て世帯に寛容な雰囲気があります。子連れだからといってお出かけの際に肩身が狭くなることはありません。日本にいたら公共の場で授乳することはマナー違反に思われるかもしれませんが、ニュージーランドではケープを使って電車のホームや空港で授乳をするのはよくみられる光景です。いつどこで機嫌が悪くなるかわからない小さい子供を抱えての旅行は、どこでも授乳ができるというだけで不安が半減されますよね。「世界で最も安全な国ランキング」でも毎年上位にランクインし、子供に優しい国柄を持つニュージーランド。ぜひ家族で旅行してみてはいかがでしょうか?

アドドドヴェンチャーを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です